さくらさろん

さくらさろんは、チーム山本さくらのメンバーが中心となり、山本さくらの公演活動をサポートするために2009年12月にスタートしました。2013年12月11日に第17回開催を終えたばかりです。

 

→ 開催情報はこちらから →

ミセス苗村の美味しいケーキ
ミセス苗村の美味しいケーキ

【 内容 】

前半
山本さくらのソロライブ、新しい作品と以前上演した作品の再演合わせて約1時間


後半
ミセス苗村の美味しいケーキとコーヒーをいただきおしゃべり、情報交換。その内容は美容、ボランティア、市民活動、料理、もちろんお菓子作りの解説、介護 と多岐に渡り、広く深い内容はまさに「サロン」です。なお、舞台進行、音響協力は柴田恵美さんにお願いしています。

 

ライブは基本、山本さくらのソロ作品を上演しますが、ゲスト出演もあり、コラボレーションにより思いがけない発見があります。

「やすらぎ」 作:宗像裕作
「やすらぎ」 作:宗像裕作

【 ゲスト 】

  • えかきびと 宗像裕作 vol.5  「やすらぎ」「森の詩」
  • 物語屋 中川哲雄 vol.8 「ヘンゼルとグレーテル」 vol.10「ハーメルンの笛吹き男」
  • パントマイム 柴田恵美 vol.11 「ミラー」
  • ピアノ 西尾賢 vol.12 「ステキなボール」
  • アコーディオン 大塚雄一 vol.16 「ムーブメント 歩く」
  • 唄・ギター 坂本明浩 vol.20 「街角」「海の上と空の下」
  • 朗読 松波裕紀子 vol.21 「宵待草」竹久夢路詩集より
  • コーポラルマイム 藍木二朗 vol.22 「ラブデユエット」
  • パントマイム いちょう vol.23 「こんな夢を見た」夏目漱石 夢十夜 より

 

 

さくらさろんで上演した作品が、12年「アシタミルユメ」と13年「其処に行けば君に逢える」、14年「何処までも行こう」、15年「たとえば時の揺籃で」、に形を変えて作品化しています。

さくらさろん写真
さくらさろん vol17

【 さくらさろんで新しく上演した作品 】


不思議の国のアリスーうさぎ穴を降りると
注文の多い料理店
森の詩
やすらぎ
星降る夜
光の中へ
ヘンゼルとグレーテル
魔法使いの弟子
マスカレード
明日見る夢
金魚
白昼夢 1
白昼夢 2
遠い夏の日
ムーブメント 歩く
夢のように

鳥は高い声で啼いた